愛歯技工専門学校は大正14年(1925年)に歯科技工士養成機関として日本で初めて設立された、歴史と伝統ある単科専門学校です。

  • 入試情報

  • 10月体験入学

  • 90th Anniversary

愛歯技工専門学校が選ばれる4つの理由

1.創立90年の歴史

本校は、大正14年創立の歴史ある専門学校です。創立者 鹿毛俊吾の教育理念「誠(誠と誠のふれあうところに、お互いに良くがある)」のもと、長年にわたり培われてきた実践的なカリキュラムで、歯科技工という精密な技術を学生一人ひとり丁寧に指導しています。

愛歯技工専門学校の「学校案内」を見る

2.理想的な少人数教育

歯科技工の技工という言葉は、指の先を使い加工する技術と解説されています。臨床現場で求められるのは「手の動く」歯科技工士です。本校では、豊富な実習教育機会と少人数体制で手厚い指導を実践し、経験豊かで確固たる技術力を身に付けた歯科技工士を育成しています。

愛歯技工専門学校の「学習内容」を見る

3.進路決定率100%の実績

本校には、卒業生の活躍のおかげで就職希望者数をはるかに上回るほどの求人がよせられています(年間の求人倍率約20倍/本校調べ)。毎年、会社説明会の開催や、企業見学機会の設定、個別面談による親身な進路指導で、高い進路決定率を実現しています。

愛歯技工専門学校の「資格・就職」を見る

4.活躍の場が世界中に

本校で指導をうけた多くの卒業生が、アメリカなど世界各地で活躍しています。中でも名誉校長の桑田正博は、PFMの開発者として歯科界に多大な業績を残し、未だ世界中から講演依頼が絶えない著名人です。日本の歯科技工の可能性を実証しています。

愛歯技工専門学校の「歯科技工士とは」を見る

まずは資料請求・体験入学でお確かめください

より詳しい内容を知りたい方・入学案内が欲しい方 お問い合わせ・資料請求 体験入学について知りたい方・体験入学に申し込みたい方 体験入学

ページトップ