愛歯技工専門学校は大正14年(1925年)に歯科技工士養成機関として日本で初めて設立された、歴史と伝統ある単科専門学校です。

よくあるご質問

質問をクリックすると回答が表示されます。

学校概要について

卒業したらどんな資格が取れますか

専門士(医療専門課程)の称号と日本の歯科技工士免許の取得が可能です。
(但し、歯科技工士の資格については二年次に「国家試験」を受験し合格する必要があります。詳しくは資格・就職についてをご覧ください。)

定員は何名ですか。何年制ですか。

定員は一学年に付44名です。(総定員88名)
本校は2年制の専修学校です。

(高等学校)既卒入学者はいますか。年代はどのくらいが多いですか。

10代後半から50代まで、幅広い年代の学生が入学・卒業しています。近年は特に、既卒者の受験数が増加傾向にあると思います。 年代は20代〜30代位が多いかと思います。

電車通学の場合の(学校からの)最寄駅を教えてください。

JR線使用の場合:埼京線 十条駅または板橋駅
都営三田線使用の場合:新板橋駅または板橋区役所前駅
東武東上線使用の場合:下板橋駅

授業について、学習内容について

どんな科目を勉強しますか。
歯科についてよく知らないのでついていけるか不安です。

授業科目、実施時間については学習内容をご覧ください。
(一割に満たないくらいの比率で、歯科衛生士や歯科関連の資格を取得してから入学する方もいますが、)入学者は歯科について初めて学ぶ方がほとんどです。本校教員は、一からのスタートでも理解できるよう、少人数クラスで丁寧な指導とフォローアップを心がけています。

授業の様子、クラスの雰囲気について知りたいです。

平日の昼間、お時間があれば授業見学にお越しください。実際にご自身の目で体感していただければと思います。詳しくはお問い合わせください。

学校の授業の特長はなんですか

歯科技工物を製作する「実習」の授業は、歯科技工士学科ならではの授業かと思います。
また本校では、臨床現場(歯科技工所など)で働いている現役の歯科技工士や、歯科医師、歯科関連企業の職員らを招き、講義や実習を行っているので、実践的な教育機会を多く取り入れているのが特長だと思います。

平常授業は何時までですか。放課後勉強したりできますか。

授業の進度により異なりますが、通常16時半〜17時前には終了致します。
なお、教室・各施設は毎授業終了後18時まで開放しており、施設・器具等自由にご利用いただけます。

歯科技工士について、就職・進路について

卒業生はどんなところで働いていますか?
愛歯の学生ならではの特長などはありますか。

卒業後の学生は、大半が歯科技工所、歯科医院などで歯科技工士として働いています。イベント「体験入学」では、校内の歯科技工所を見学するので、具体的に将来働く姿をイメージできるかと思います。お時間があればぜひご検討ください。
特長についてですが、本校の卒業生は、特に「技術」に対する評価をいただくことが多いと思います。「企業が愛歯の学生を選ぶ理由」もご覧ください。

留学生です。日本の、歯科技工士と、歯科技工士を目指す学校の特徴と、愛歯の特徴について知りたいです。

日本の歯科技工士は、国家資格で認められた職業です。学校は、国が定めるガイドライン(ルール)を守って、授業しています。
愛歯技工専門学校では、歯科技工士に必要な「知識」を学ぶ授業と、「技術」を身につけるための授業があります。特に、実践的な技術の指導を重視しています。

勉強すれば、資格をもっていなくても(歯科技工士として)働けますか

日本の「歯科技工士」という職業は、業務独占資格です。資格を取得した者だけが歯科技工士として働くことができます。
なお、一部の国では資格を取得しなくても勤務可能で、本校卒業生の中にも米国等で勤務している者がいますが、一般的に、学校等に通いきちんと知識を身につけた上で歯科技工士として勤務する者がほとんどだと聞いております。

就職・求人について

求人はどのくらいきますか。
卒業後、地元で就職したいのですが地方からもきますか。

年により増減がありますが、毎年求人件数は120〜150件程度、求人は250〜500名程きます。(本校調べによる)特に近年日本では歯科技工士不足が続いているため、求人は毎年増加しており、全国各地から募集がきています。詳しい情報はお問い合わせください。

進路決定率はどのくらいですか。また、最近の学生の就職先を知りたいです。

毎年100%の決定率を実現しており、今後も100%を目指し指導していきます。
就職先については「就職について」で一部紹介しております。歯科技工所、歯科医院が中心ですが他歯科関連メーカーへ就職する者もおります。

就職活動が上手くいくか、今から心配です。就職対策はありますか。

企業見学時のマナー指導、履歴書の書き方講座、就職試験で主に課される科目の対策講座、など、希望に応じて対策が可能です。
また、少人数クラスで、担任・就職担当が学生と企業の窓口になり、就職活動をサポートしています。
就職支援についてはこちらのページもご覧ください。

求人について(企業等からの質問)

学生を採用したく、求人票を出したいのですが、どうすればいいですか。
学生閲覧用のパンフレットも一緒に送りたいのですが可能ですか。

求人票を本校宛に郵送ください。

 郵送先:東京都板橋区加賀1丁目16番6号

※書式はこちらからダウンロード可能です。(PDF形式)

パンフレット等を同封いただいた場合、そちらもあわせて学生閲覧用に公開致します。他、何かご不明点がありましたらお問い合わせください。

求人票の掲示期間や所定の様式などはありますか。経験者のみの募集も可能ですか

求人票は、年度ごと(4月1日〜翌年3月31日迄)の募集をしております。
公開は、在学生の活動期間に合わせて、求人をいただいた年度の7月初頭〜3月末までとしています。
本校の求人票様式は「地域・一般の方へ」で公開しており、ダウンロード可能です。
(求人票はPDF形式です。閲覧できない環境にある場合は紙媒体を郵送しますのでお問い合わせ下さい。)
なお、経験者(本校既卒者)のみの募集、新卒見込、既卒者合わせての募集も可能です。

現在の学生の就職状況が知りたいです。まだ新卒の採用はできそうですか。

学生の就職状況については就職担当が適宜調査、活動支援しております。
詳細は個別にお問い合わせください。

入学について、入試について

実施している入学試験を教えてください。定員はありますか。

現在、本校では「AO入試」、「指定校推薦入試」「高等学校推薦入試」、「自己推薦入試」、「一般入試」の5種類の試験を実施しております。 定員は(全ての試験の合格者を合わせて)44名です。入学試験では試験日毎に選考し、合否結果を出しています。詳しくは入学案内をご覧ください。

いろんな試験、期間がありますがどの試験がオススメですか。

資料請求時に送付している冊子「学生募集要項」や入学案内ページをご覧になった上で、ご自身の状況をふまえ、条件に合った試験の受験をオススメします。

「AO入試」の早期割引制度や、「指定校推薦入試」など、受験料・入学金が一部割引される入学試験制度がありますので、早期に進路を決定できる方はオススメです。
また、一般入試以外は体験入学の参加を受験条件としており、学校の施設、雰囲気を見て、授業体験した上で、じっくりと進路を判断いただけるかと思います。

高校既卒者が受験できる試験を教えて下さい。

「AO入試」、「自己推薦入試」、「一般入試」の3種の試験が受験可能です。お好きな試験をご選択ください。

留学生で、海外の高校を卒業した者です。受験資格はありますか。また、留学生はどういう試験が受けられますか。

本校は、文部科学省が推奨する日本の専修学校専門課程への入学資格にもとづき、入学資格を定めています。
具体的には、高等学校に相当する学校教育課程を修了した(する)者で、入学時に満18歳に達している方が受験(入学)の対象となります。

本校の場合、日本語能力試験の合格は必須ではなく、資格を取得していなくても、受験は可能です。
が、授業や試験は(歯科技工士国家試験も)、全て日本語が用いられるため、ある程度日本語を理解できる能力が求められます。
なお、入学試験は(日本の学生と)共通の試験を実施します。

留学生の専門学校入学資格については、 外務省が製作している留学生向け情報サイトの「専修学校(の入学資格)」についてもご確認下さい。(クリックすると、外部ページにリンクします。)

願書を郵送で提出しようと考えています。受験料はどうすればいいですか。

郵便局窓口等で受験料1万円分の「普通為替(ふつうかわせ)」を購入し、為替を願書と一緒に郵送してください。
出願までに準備するのが難しい場合は、個別にお問い合わせください。

出願時に提出する書類についてはこちらをご確認下さい。

現在高校2年生です。
募集要項、願書はいつ頃から請求できますか。また、送料はいくらですか。

例年5月中旬〜6月頃より、その年度の入学試験日程の掲載された新しい「学生募集要項」を資料請求者に郵送しています。
現在高校2年生の方であれば高校3年の5月中旬〜6月頃(定時制高校等、4年制の学校の場合は最終学年である4年生)お渡しできるかと思います。

なお、学校の資料を請求した皆様に「学生募集要項」を同封しており、送料は無料です。
体験入学参加時にもお渡ししています。

●○高等学校(高校名)は、今年の指定校推薦に入ってますか。

確認いたしますのでお問い合わせ下さい。

学費、奨学金、ローンについて

入試で合格した場合、募集要項やホームページに書いてある、学費の三期分納制度を利用したいです。条件などはありますか。

「家計の事由」であれば、利用可能です。(収支制限など金額的な基準はありません。)
申請書をご提出いただく必要がありますので、入学試験の合格通知到着後、個別にお問い合わせください。

材料費はいつ振り込みすれば良いですか。

例年、2月末〜3月初頭頃に納入いただきます。
二年分の材料費を入学前にまとめて購入し、金額は例年約500,000円です。(毎年価格見直し、購入材料の検討を行っているため、価格の微増減があります。)
購入明細書、請求書を2月初頭に郵送致しますのでご確認ください。

募集要項、ホームページで紹介されている奨学金は入学後に振り込まれるのですか。返済義務はありますか。

現在、本校で紹介している奨学金は全て貸与型奨学金で、返還義務があります。
また、入学後「奨学生」となるので、貸与始期(入金始期)は入学後となります。
(具体的な始期は採用時期、手続状況、奨学金の種類により異なります。)
「学費・修学支援について」ページも利用可能な奨学金について紹介しているのでよろしければご確認下さい。

在籍している高校で、専門学校に入学した後に利用可能な奨学金の採用説明会があると聞き、申請しようと考えています。そのような制度は利用可能ですか。

高等学校で申請中の奨学金は、日本学生支援機構の「予約採用」の奨学金でしょうか。
日本学生支援機構の予約採用の奨学生となった場合は、入学後書類の手続きをすれば利用可能です。入学後、本校事務窓口にお問い合わせください。

国の教育ローンや企業の教育ローンについて、沢山あり、どれを選べばいいかわかりません。オススメはありますか。

現在本校で提携・紹介している「国の教育ローン」「株式会社ジャックスの教育ローン」「株式会社オリエントコーポレーションの教育ローン」「株式会社セディナの教育ローン」は、全て、申込者の家計収支状況・希望貸付金額等により、貸与金額等の条件が設定されます。
奨学金とは異なり、一人ひとりの状況にあわせて、個別申請された際、その都度審査され、条件を決められるという特徴があります。
実施団体・企業により返済時の年率や審査方法が異なりますので、詳細は「学費・修学支援について」や各制度を提供している企業ホームページをご確認下さい。

住まいの支援について

遠方在住のため男子寮の入寮を検討しています。見学は可能ですか?

イベント「体験入学」参加時や授業見学時に見学可能です。お気軽にお問い合わせください。

女子寮はありますか?また、近くの寮などの紹介はしてもらえますか?

現在、校内には男子寮のみ設置しております。
また、近隣にある女子学生会館(北園女子学生会館)や、東仁学生会館の他、学生向けの安価な学生会館・住まいの紹介が可能ですので、まずはお問い合わせください。

イベント「体験入学」について

申し込みはどこからできますか。

ホームページの体験入学申込みフォームまたは電話で承ります。
体験入学についてはこちらをご覧ください。

当日は私服で参加してもいいですか。
また、何かもっていかなければいけない物はありますか。

服装の規定はありません。制服や私服など、お好きな服装でご来校ください。
また、持物不要・参加費無料でご参加いただけます。

両親や友人と一緒に参加できますか。

大歓迎です。お気軽にお越しください。

開催日程の中に都合のつく日がありません。別日に対応してもらえたりはしますか。

日程次第で調整可能です。希望日時をご検討の上、まずはお問い合わせ下さい。(なお、過去、別日に対応したことはあります。)

色んな体験をしてみたいです。何回も参加していいですか。

大歓迎です。
メニューの企画・材料などの準備に時間を要するため事前に電話連絡をお願いします。

在学生・卒業生からの質問

証明書を郵送してほしいです。何をすればいいですか。

在学生・卒業生(同窓生)の方へをご確認ください。

学生紹介制度について、何か手続きは必要ですか。

紹介者が入学試験に合格・入学した後、書類の記入・提出の手続きをしていただきます。

歯科技工士対象の講習会、専攻科教育などはありますか。

講習会は不定期で開催しております。開催情報はトップページ下方の「お知らせ」で適宜発信・紹介しているので、ご確認ください。
また、歯科技工士を対象とした専攻科を有しております。興味のある方はお問い合わせ下さい。

再就職を考えています。
求人の紹介をお願いしたり、相談に乗ってもらうことはできますか。

日程により、対応可能です。(教員が授業中であったり、休校日など、一部対応が難しい時間帯があります。)
まずはお問い合わせください。

その他

歯をつくる現場に興味があります。施設見学は可能ですか?

日程により、可能です。まずはお問い合わせください。(授業見学・体験等も可能です。)

高等学校教員です。出張授業について詳しくお話したいのですが。

まずはお問い合わせ下さい。実施前に貴校希望・要望をお伺いした上で、具体的な企画・打ち合わせのお時間をいただくかと思います。
宜しくお願い致します。

学校附属の歯科技工所、歯科診療所と連絡をとりたいです。

下記までお気軽にお問い合わせ下さい。
(学校が開校日でも、休所日、休診日の場合がありますので、予めご留意ください。)
愛歯技工研究所:03-5375-5510、info@aishi.org
愛歯技工専門学校附属歯科診療所:03-5375-5531、info-sika@z-aiseikai.jp

クワタカレッジの連絡先を教えて下さい。

お気軽にお問い合わせ下さい。
(学校が開校日でも、休業日の場合がありますので、予めご留意ください。)
クワタカレッジ:03-3961-7362
http://www.kuwata-college.com/

メディア・報道関係企業です。施設利用や取材の件で問い合わせしたいのですが。

問い合わせフォームまたは電話で承ります。
基本的にはイベント開催日・休校日以外の受付時間中に対応可能です。

関連事業について詳しく知りたいです。

詳しくは運営母体の「公益財団法人愛世会」ホームページをご覧ください。
※【公益財団法人愛世会の主な事業所(と事業)】
●愛歯技工専門学校・・・(歯科技工士育成・教育(専門学校))
●愛歯技工専門学校附属愛歯技工研究所・・・(歯科技工物の受注・製作・納品(歯科技工所))
●愛歯技工専門学校附属歯科診療所・・・(歯科診療・処置)
●愛誠病院・・・(診療処置(病院))
●上野クリニック・・・((愛誠病院分院)人間ドック等)
●シルバーピア加賀・・・(介護老人保健施設)

インターンシップの受け入れは可能ですか。

日程により、附属歯科技工所(愛歯技工研究所)で受け入れ可能です。
詳しくはお問い合わせ下さい。

まずは資料請求・体験入学でお確かめください

より詳しい内容を知りたい方・入学案内が欲しい方 お問い合わせ・資料請求 体験入学について知りたい方・体験入学に申し込みたい方 体験入学

ページトップ